プロジェクト

出版

ウィリアム・クライン写真集 『ダンス・ハプニング 1961年6月』

ウィリアム・クライン写真集 『ダンス・ハプニング 1961年6月』

写真家ウィリアム・クラインは、1961年に初来日し、舞踏の創始者 土方巽、大野一雄、大野慶人のパフォーマンスを撮影しました。1964年刊行の写真集『東京』に収められたのは4点ですが、本書では、その時に撮られた約500カットを一挙公開。目黒の稽古場に始まり、西新橋、銀座四丁目の路上へと展開してゆく、写真家と舞踏家の歴史的コラボレーションの全貌を明らかにします。
戦後の空気を残す60年前の東京の街と人々の表情、その中で新たな身体表現を生み出さんとする舞踏家たちの躍動する身体。舞踊史に刻まれるその日の出来事を、ページを繰りながら追体験できる構成となっています。
オビには、刊行に寄せてウィリアム・クライン自身が語った言葉を掲載しています。

略歴

ウィリアム・クライン|William Klein

1928年ニューヨーク生まれ。ソルボンヌ大学で文学を修め、フェルナン・レジェに絵画を学ぶ。1952年より写真技術を用いた実験的表現を模索し、56年に刊行した初の写真集『ニューヨーク』でナダール賞を受賞。1961年に来日して東京を撮影し、64 年に写真集『東京』を発表。従来のタブーを破った広角の構図、粗いテクスチャ、強烈なコントラスト、型破りなフレーミング等、続く世代に多大な影響を与えている。

書籍情報

『ダンス・ハプニング 1961年6月』

写  真:ウィリアム・クライン

編集:NPO法人ダンスアーカイヴ構想 溝端俊夫、呉宮百合香
   FILMS PARIS NEW YORK ピエール=ルイ・ドゥニ、ティファニー・パスカル
デザイン:北風総貴(ヤング荘)
翻訳:ジョン・バレット

有限会社かんた
B5変形 336ページ 日英完全対訳 写真516点収録
販売価格 4,950円 (本体価格4,500円+税)

お求めは全国の書店、Amazon等にて。
大野一雄舞踏研究所公式サイトでも好評販売中です。
http://www.kazuoohnodancestudio.com/ec/p20016.html