ダンスアーカイヴプロジェクト作品4都市巡回公演 in 神戸&高知
大野慶人「花と鳥」・岡登志子、垣尾優「手術室より」・ 川口隆夫「大野一雄について」

ダンスアーカイヴプロジェクト作品4都市巡回公演 in 神戸&高知大野慶人「花と鳥」・岡登志子、垣尾優「手術室より」・ 川口隆夫「大野一雄について」

残されたアーカイヴ資料から、様々なアプローチで新たな表現をつくりだすダンスアーカイヴプロジェクトより、三作品を一挙上演。舞踏の始まりから踊り続けている、生ける舞踏アーカイヴとも言える大野慶人が、その舞踏史の全容を見せる「花と鳥」、たった一枚だけ残された舞台写真を源とした小品、岡登志子の「手術室より」、動きのコピーという方法で大野一雄にせまる川口隆夫の「大野一雄について」。個性豊かな三作品を一日でご覧いただけるプログラムです。

●川口隆夫「大野一雄について」
コンセプト・演出・出演:川口隆夫 /振付:土方巽・大野一雄
ドラマトゥルク・サウンド・映像:飯名尚人/照明:溝端俊夫/衣装:北村教子

●岡登志子、垣尾優「手術室にて」
振付:岡登志子 /出演:岡登志子、垣尾優 スネアドラム演奏:大野慶人
舞台美術:吉川陽一郎/音響:國府田典明/照明:溝端俊夫

●大野慶人「花と鳥」
舞踏:大野慶人/映画:「へそと原爆」(監督・脚本:細江英公)
衣装:大野悦子、金光圭子/音響:國府田典明/照明:溝端俊夫

■神戸公演

2017年11月18日(土)
会場:神戸アートビレッジセンター
Aプログラム:川口隆夫「大野一雄について」 14:30~16:30(開場14:00)
Bプログラム:岡登志子「手術室より」・大野慶人「花と鳥」 17:30~19:00(開場17:15)
チケット: 全席自由・税込
一般 各公演3,000円 AプロBプロ通し券5,500円
学生 各公演2,500円 AプロBプロ通し券4,500円

主催 NPO法人ダンスアーカイヴ構想 
共催 公益財団法人神戸市民文化振興財団、有限会社かんた
協力 大野一雄舞踏研究所、アンサンブル・ゾネ
助成 芸術文化振興基金

関連プログラム
●大野慶人パフォーマンス&レクチャー
日時:2017年11月19日(日)14:00~
会場:横尾忠則現代美術館オープンスタジオ
参加費無料(ただし要展覧会チケット)
詳細は http://www.ytmoca.jp/event/2017/11/performance-ohno.html
主催:横尾忠則現代美術館 企画協力:NPO法人ダンスアーカイヴ構想 協力:アンサンブル・ゾネ

●吉川陽一郎展「歩く人」
日時:2017年11月9日(木)~15日(水)※13日は休館
会場:KOBE STUDIO Y3(神戸市中央区山本通3-19-8)
・「手術室について」の舞台美術を手掛ける吉川陽一郎氏によるトーク 11月9日(木)19:00
・会期中、「手術室より」の公開リハーサルを行います。詳しくはアンサンブル・ゾネのウェブサイトをご覧ください
https://ensemblesonne-news.jimdo.com/

<チケット取り扱い・問合せ>
●神戸アートビレッジセンター(KAVC)
TEL: 078-512-5500  E-mail: stage@kavc.or.jp
メールでのご予約は、件名を「DAP2017チケット予約」として、以下の情報をお知らせください。
【お名前/フリガナ/電話番号(連絡のつきやすいもの)/チケットの種類と枚数:Aのみ、Bのみ、ABとも・一般、学生】
関連サイト:https://www.kavc.or.jp/events/1345/

●NPO法人ダンスアーカイヴ構想
TEL: 03-3450-6507  E-mail: info@dance-archive.net

■高知公演

2017年12月9日(土) 会場: 高知県立美術館ホール
Aプログラム:川口隆夫「大野一雄について」 14:30~16:30(開場14:00)
Bプログラム:岡登志子「手術室より」・大野慶人「花と鳥」 17:30~19:00(開場17:00)
チケット:全席自由・税込(11月1日発売開始)
一般 各公演3,000円 AプロBプロ通し券5,500円
学生 各公演2,500円 AプロBプロ通し券4,500円
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保険福祉手帳・戦傷病者手帳・被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)は3割引(ローソンチケットは割引対象外)

主催 NPO法人ダンスアーカイヴ構想
共催 高知県立美術館、有限会社かんた
協力 大野一雄舞踏研究所、アンサンブル・ゾネ
助成 芸術文化振興基金
後援 NHK高知放送局、高知新聞社、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、エフエム高知、KSSさんさんテレビ、KCB高知ケーブルテレビ、高知シティFM放送
平成29年度第67回高知県芸術祭協賛行事

関連プログラム
●高知県立美術館開館記念イベント「大野一雄映像上映会」
「KAZUO OHNO」(ダニエル・シュミット監督、1995)や、大野一雄の最後のソロ作品「花」(2001)等を上映します。
日時:2017年11月3日(金・祝)~4日(土)
会場:高知県立美術館ホール
入場無料
主催:高知県立美術館 協力:NPO法人ダンスアーカイヴ構想
※詳細は美術館のサイトにてお知らせします
http://kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/

●岡登志子ダンスメソッドワークショップ
ドイツNRW州立フォルクヴァンク芸術大学出身の岡登志子よる、身体表現の可能性を探るワークショップです。
日時:2017年12月6日(水)19:00~21:00
会場:高知県立美術館ホール
参加費無料・定員20名(お申し込みの際に、ダンス経験についてお知らせください)
予約問合せ:高知県立美術館 TEL 088-866-8000(9時~17時)

<チケット取り扱い>
●高知県立美術館
・高知県立美術館ミュージアムショップ TEL 088-866-7653(9:00 ~17:00)
・高新プレイガイド TEL 088-825-4335(平日9:30 ~17:30、土曜9:30~12:30)
高知大丸プレイガイド TEL 088-825-2191
ローソンチケットDance Archive Project 【Lコード62722】TEL 0570-084-006 http://l-tike.com/

●NPO法人ダンスアーカイヴ構想(お問合せもこちらまで)
TEL: 03-3450-6507 E-mail: info@dance-archive.net
ご予約には、以下の情報をお知らせください。
【お名前/フリガナ/電話番号(連絡のつきやすいもの)/チケットの種類と枚数:Aのみ、Bのみ、ABとも・一般、学生】

<川口隆夫略歴>

1996年よりパフォーマンスグループ「ダムタイプ」に参加。並行して 2000年よりソロ活動を開始。主な作品に「ディケノヴェス-見えないと言え」(2003)、「D.D.D. — 私の心臓はあと何回鼓動して止まるのか?」(2004-2007)、「グッド・ラック」(2008)、「TABLEMIND」(2011)。近年は「病める舞姫をテキストに ― 2つのソロダンス」(2012)、「大野一雄について」(2013)などなど舞踏についてのパフォーマンス作品を制作している。また東京国際レズビアン&ゲイ映画祭のディレクター(1996-99)を務めるなど、その活動は多岐に渡っている。

<岡登志子略歴>

神戸生まれ。ドイツNRW州立フォルクヴァンク芸術大学舞踊科卒業。アンサンブル・ゾネ主宰。現代を生きる人間に共通する身体を通し、人間の実存を問う作品づくりを行い、年1回のペースで新作を発表。近作に「白い夜」「迷い」「飛ぶ教室は 今」など。即興公演では、音楽家や美術家、スポーツ選手との共演も多数ある。2014年神戸長田文化賞受賞。

<垣尾優略歴>

2004年から現在まで、岡登志子主宰アンサンブル・ゾネ作品にゲスト出演。2006から2009年、contact Gonzoとして活動。2014年、ノーラ・チッポムラ「父のような自画像」、松本雄吉×ジュン・グエン・ハツシバ×垣尾優「Sea water」等に出演。

<吉川陽一郎略歴>

1955年鹿児島県生まれ、宮崎県都城市、神奈川県横浜市で育つ。1980年多摩美術大学美術学部彫刻学科卒。1996年~2002年まで、Bゼミスクーリングシステム講師をつとめる。2001年~2007年、武蔵野美術大学造形学部彫刻学科非常勤講師、2007年より多摩美術大学美術学部彫刻学科非常勤講師。個展に、路地と人「裏無い小部屋」(東京 2016)、ギャラリー・ル・デコ「クサマクラ一号を紹介シマス」(東京 2013)、プラザ・ギャラリー「水溜りの下で」(東京 2012)などがある。

<大野慶人略歴>

1938年東京に生まれる。1959年土方巽の「禁色」で少年役を演ずる。60年代の暗黒舞踏派公演に参画。69年初リサイタル後に舞台活動を中断、85年「死海」で大野一雄と共演、カムバックした。86年以降大野一雄の全作品を演出。ヴッパタール舞踊団ダンサーとの共演「たしかな朝」(2010)、音楽家アントニーとの「Antony & Ohnos」(2010)などコラボレーション作品の他、ソロ作品「花と鳥」(2013)はヨーロッパ(2014)、ブラジル(2015)、中国(2016)を巡演。著書に『大野一雄 魂の糧』(フィルムアート社)、『舞踏という生き方』(Canta Co.Ltd)。四方田犬彦著『大野慶人の肖像』が今年9月に出版された。

チラシダウンロード

Dance Archive Project 2017 in Kobe & KochiYoshito Ohno’s “Flower and Bird,” Toshiko Oka’s “The Operation Theater” & Takao Kawaguchi’s “About Kazuo Ohno – Reliving the Butoh Diva’s Masterpieces”

Dance Archive Project 2017 presents three pieces from its projects whose intention is to create new dance performances from archival materials. As a living archive of butoh, Yoshito Ohno shows his history as a butoh dancer in his solo piece “Flower and Bird.” Toshiko Oka recreates “The Operation Theater” from only one photograph left, which depicts “The Operation Theater” performed by Takaya Eguchi and Misako Miya in 1933. Takao Kawaguchi copied Kazuo Ohno’s movement precisely to create his peace “About Kazuo Ohno.”

■Takao Kawaguchi “About Kazuo Ohno – Reliving the Butoh Diva’s Masterpieces”
Conceptualized, directed and performed by Takao Kawaguchi
Original choreography: Tatsumi Hjijikata and Kazuo Ohno
Dramaturg, Sound and Visual: Naoto Iina/ Lighting Design: Toshio Mizohata/ Costume: Noriko Kitamura

■Toshiko Oka & Masaru Kakio “The Operation Theater”
Choreographed by Toshiko Oka/ Performed by Toshiko Oka & Masaru Kakio. Drum: Yoshito Ohno
Set design: Yoichiro Yoshikawa/ Sound: Noriaki Koda/ Ligthing Design: Toshio Mizohata

■Yoshito Ohno “Flower and Bird”
Performed by Yoshito Ohno
Film inserted: “Navel and A-Bomb” directed by Eikoh Hosoe
Costume: Etsuko Ohno, Keiko Kanemitsu/ Sound: Noriaki Koda /Lighting Design: Toshio Mizohata

In Kobe

Date: Saturday, November 18th, 2017
Venue: Kobe Art Village Center
A program: 14:30~16:30 Takao Kawaguchi “About Kazuo Ohno – Reliving the Butoh Diva’s Masterpieces”
B program: 17:30~19:00 Toshiko Oka “The Operation Theater” & Yoshito Ohno “Flower and Bird”
Admission fee:
Adult: 3,000 yen each / All performance ticket (A & B) 5,500 yen
Student: 2,500 yen each / All performance ticket (A & B) 4,500 yen

Organized by NPO Dance Archive Network
Co-organized by Kobe Cultural Foundation, Canta Co.Ltd
Cooperated by Kazuo Ohno Dance Studio, Ensemble Sonne
Supported by Japan Arts Council

<Related Program>
●Yoshito Ohno’s performance & lecture
Date: Sunday, November 19th, 2017. 14:00~
Venue: Yokoo Tadanori Museum of Contemporary Art
Admission free with an admission ticket to the museum
Related website: http://www.ytmoca.jp/event/2017/11/performance-ohno.html
Organized by Yokoo Tadanori Museum of Contemporary Art
Co-planned by NPO Dance Archive Network
Cooperated by Ensemble Sonne

●Yoichiro Yoshikawa’s Exhibition “Walking Man”
Date: Thursday, November 9th-Wednesday, November 15th, 2017. (Closed on 13th)
Venue: KOBE STUDIO Y3 (3-19-8 Yamamotodori, Chuo-ku, Kobe, Hyogo)
・Yoichiro Yoshikawa’s talk on 9th
・The rehearsals of “The Operation Theater” is open to public during the exhibition.
For the detail, visit Ensemble Sonne’s website:
https://ensemblesonne-news.jimdo.com/

Reservation
■Kobe Art Village Center (KAVC)
TEL 078-512-5500  E-Mail stage@kavc.or.jp
For the booking, please let KAVC know the below:
Subject: DAP2017 ticket booking
Information to send: your name, telephone number, the type and number of tickets (A, B, or both A&B/ Adult or Student)
Related link: https://www.kavc.or.jp/events/1345/ (only in Japanese)

■NPO Dance Archive Network
Tel: 03-3450-6507  E-mail: info@dance-archive.net

In Kochi

Date: Saturday, December 9th, 2017
Venue: The Museum of Art, Kochi
A program: 14:30~16:30 Takao Kawaguchi “About Kazuo Ohno – Reliving the Butoh Diva’s Masterpieces”
B program: 17:30~19:00 Toshiko Oka “The Operation Theater” & Yoshito Ohno “Flower and Bird”
Admission fee (Booking starts on Nov.1st)
Adult: 3,000 yen each / All performance ticket (A & B) 5,500 yen
Student: 2,500 yen each / All performance ticket (A & B) 4,500 yen

Organized by NPO Dance Archive Network
Co-organized by The Museum of Art - Kochi, Canta Co.Ltd
Cooperated by Kazuo Ohno Dance Studio, Ensemble Sonne
Supported by Japan Arts Council
Under the auspice of NHK-Kochi, The Kochi Shimbun, RKC-Kochi, KUTV-Kochi, FM Kochi, Kochi SUNSUN TV, Kochi Cable Broadcast and Kochi City FM
Co-sponsored event of 67th Kochi Art Festival

<Related Program>
●Screening of Kazuo Ohno’s films
“Kazuo Ohno” directed by Daniel Shmid in 1995, Kazuo Ohno’s last solo performance “Flower” and other films will be screened.

Date: Friday, November 3rd-Saturday, November 4th, 2017
Venue: The Museum of Art, Kochi
Admission free
Organized by The Museum of Art, Kochi in cooperation with NPO Dance Archive Network
The detail will be informed at the museum’s website:
http://kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/

●Toshiko Oka’s workshop
Toshiko Oka, who studied at the Folkwang University of the Arts in Essen, will lead you to explore the possibilities of body expression.

Date: Wednesday, December 6th, 2017. 19:00-21:00
Venue: The Museum of Art, Kochi
Workshop fee: free. Capacity: up to 20 people
Booking & inquiry: The Museum of Art, Kochi. TEL 088-866-8000 (9 am-5 pm)
※When booking, please inform about your dance experience.

Reservation
■The Museum of Art, Kochi.
・Its museum shop 088-866-7653(9am~5pm)
・Koshin Play guide TEL 088-825-4335(Weekday 9:30am~5:30pm、Saturday 9:30am~0:30pm)
・Kochi Daimaru Play guide TEL 088-825-2191
・Lawson ticket Dance Archive Project 【L code 62722】TEL 0570-084-006 http://l-tike.com/

■NPO Dance Archive Network
Tel: 03-3450-6507 E-mail: info@dance-archive.net
For the booking, please let us know the below:
Information to send: your name, telephone number, the type and number of tickets (A, B, or both A&B/ Adult or Student)

Profiles
<Takao Kawaguchi>
While joining the Japanese multimedia performance company Dumb Type from 1996 to 2008, Kawaguchi started his solo performance in 2000. His recent pieces include: “DiQueNoVes (Say You Don't See)” (2003), “D.D.D.- How Many Times Will My Heart Beat Before It Stops?” (2004), “Good Luck” (2008) and “TABLEMIND” (2011). He also worked on Butoh-related pieces such as: “The Ailing Dance Mistress– based on the texts of Tatsumi Hijikata” (2012), and “About Kazuo Ohno” (2013). He is active in various filed, such as being the director of the Tokyo International Lesbian and Gay Film Festival from 1996 to 1999.

<Toshiko Oka>
A native of Kobe, Oka graduated from the Dance Department at the Folkwang University of the Arts in Essen, Germany. She currently directs the dance group Ensemble Sonne. Each year she presents a new work primarily based upon how her contemporaries confront modern life through their shared physicality. Her recent works includes “White Night,” “Mayoi/ Unsettled Mind” and “The current Flying Classroom.” Her improvised performances often involve collaborations with musicians, visual artists and athletes. In 2014 she was awarded Kobe Nagata Culture Award.

<Masaru Kakio>
From 2004 to the present day, he has made guest appearances in Oka Toshiko’s Ensemble Sonne. Between 2006 and 2009, he was active with contact Gonzo, an improvisational performance group based in Osaka. In 2014, he performed in Nora Chippomura’s “Like my Father's Self-Portrait,” as well as in “Sea Water” in collaboration with the director Yukichi Matsumoto and the Japanese-Vietnamese painter Jun Nguyen-Hatsushiba.

<Yoichiro Yoshikawa>
Born in Kagoshima in 1955, he was brought up in Miyakonojo, Miyazaki and Yokohama, Kanagawa. Graduated from the Sculpture department of Tama Art University. From 1996 to 2002, he was a lecturer at B-zemi schooling system. A lecturer at the Sculpture department of Musashino Art University from 2001 through 2007 and of Tama Art University since 2007. His exhibition includes; “Small room of Ura Nai” (at Rojitohito, Tokyo, 2016), “I introduce Kusamakura no.1” (at Le Deco, Tokyo, 2013) and “Under a puddle” (at Plaza Gallery, Tokyo, 2012).

<Yoshito Ohno>
Born in Tokyo in 1938, Yoshito Ohno co-performed with Tatsumi Hijikata in “Forbidden Colours” in 1959. Throughout the 1960s he was active in butoh performances and stopped appearing on stage in 1969. His comeback was in 1985 when he co-performed “The Dead Sea” with Kazuo Ohno; thereafter he continued to direct all of Kazuo’s stage performances. His collaborative pieces include “The Promising Morning” (2010) with Julia Anne Stanzak and Eddie Martinez of the Tanztheater Wuppertal and “Antony and the Ohnos” (2010) with Antony and the Johnsons. His solo work “Flower and Bird” has been performed in Japan, Europe, Brazil, China since its premiere in 2013. Author of “Kazuo Ohno: Food for the Soul” (Film Art Sha, 1999) and “Butoh: A Way of Life” (Canta Co.Ltd, 2015). A new book “Portrait of Ono Yoshito” written by Inuhiko Yomota is published this September.

Flyer download
(Only in Japanese)
Page TOP