ニュース

  • Dance Archive Project in Tokyo 2017
    ウィリアム・クライン×大野慶人×アノーニ
    「たしかな心と眼」

    さまざまな実験的な表現を通して、観客と共に考え、現代の舞踊文化を次世代に継承することを目指すダンスアーカイヴプロジェクトを東京で開催します。3DやVRなど新たなアーカイヴ手法にも挑み、ウィリアム・クラインの未発表写真データ、アノーニとのコラボレーションなど、見逃せない企画が目白押しです。

    2017年12月15日(金) ~ 12月23日(土) 寺田倉庫G1ビル・5階

    詳細情報
  • 『大野慶人の肖像』出版のお知らせ

    四方田犬彦著・ダンスアーカイヴ構想編の新刊『大野慶人の肖像』を刊行しました

    詳細情報
  • ダンスアーカイヴプロジェクト作品
    4都市巡回公演:神戸・高知

    ダンスアーカイヴプロジェクト作品4都市巡回公演の西日本版は、神戸と高知で開催します。札幌で上演される大野慶人「花と鳥」・川口隆夫「大野一雄について」に、神戸を拠点に活躍している、アンサンブル・ゾネ主宰・岡登志子の「手術室より」を加えた上演です。

    2017年11月18日(土)神戸アートビレッジセンター
    2017年12月9日(土)高知県立美術館ホール

    ※高知県立美術館ホールでのBプログラムは中止となりました。

    詳細情報
  • ダンスアーカイヴプロジェクト作品 4都市巡回公演:札幌

    アーカイヴ資料から、様々なアプローチで新しい表現を生み出す試み、ダンスアーカイヴプロジェクト。過去に制作され、いまだに進化を続けているダンスアーカイヴプロジェクト作品を4都市で上演します。

    2017年10月26日(木)19:30~ 大野慶人「花と鳥」
    2017年10月27日(金)19:00~ 川口隆夫「大野一雄について」
    会場: ターミナルプラザことにパトス(札幌市)

    詳細情報
  • 川口隆夫「大野一雄について」を上演します
    Takao Kawaguchi’s “About Kazuo Ohno”

    秋から始まるダンスアーカイヴプロジェクト作品4都市巡回公演。さいたま市では、ダンスアーカイヴを活用することで生まれた川口隆夫の「大野一雄について」を上演します。2013年の初演から世界中で上演され、なお成長を続けている作品です。

    2017年12月2日(土)・3日(日) 両日共15:00-17:00 (開場14:30)
    会場: 彩の国さいたま芸術劇場 小ホール

    詳細情報
  • ウィーンにて、大野一雄展開催
    Exhibition “Homage to Kazuo Ohno” in Vienna

    ヨーロッパにおける最大規模のダンスフェスティバルのひとつ、ImPulsTanz(ウィーン国際ダンスフェスティバル)にて、大野一雄展を開催します。

    2017年7月15日(土)〜8月13日(日)
    会場: Odeon劇場(ウィーン)

    詳細情報
ページトップ