Dance Archive Project in Tokyo 2017
ウィリアム・クライン×大野慶人×アノーニ 「たしかな心と眼」


Dance Archive Project in Tokyo 2017ウィリアム・クライン×大野慶人×アノーニ 「たしかな心と眼」

さまざまな実験的な表現を通して、観客と共に考え、現代の舞踊文化を次世代に継承することを目指すダンスアーカイヴプロジェクトを東京で開催します。3DやVRなど新たなアーカイヴ手法もとりいれながら、ウィリアム・クラインの未発表写真データ、アノーニとのコラボレーションなど、過去を未来へつなぐ9日間です。

会期:2017年12月15日(金) ~ 12月23日(土)
時間:平日 13:00〜21:00 / 土日 11:00〜21:00(※12月15日(金) 15:00 からオープン)

会場:寺田倉庫G1ビル・5階 (東京都品川区東品川2-6-10)
アクセス:りんかい線 天王洲アイル駅 B出口より徒歩4分
     東京モノレール羽田空港線 天王洲アイル駅 中央口より徒歩5分

入場料:
12月15日金曜 15:00 – 21:00 展示、公演入場無料
12月16日土曜 11:00 – 21:00 展示、公演入場無料

入場無料日について
12月15日と16日両日の展示「ダンスアーカイヴの未来」、大野慶人「花と鳥 抄」、川口隆夫とジョアンナの16日のパフォーマンスは観覧料無料です。当団体の活動趣旨にご賛同頂ける方には寄附によるご支援をお願い申し上げます。

12月17日日曜 – 12月23日土曜  展示観覧のみ  1,500円
12月17日日曜 – 12月20日水曜  展示と公演観覧  3,000円
12月21日木曜 – 12月22日金曜  展示と公演観覧  5,000円
※入場者数が定員を越える場合は、入場を制限する場合があります
※公演中は、一部ご覧いただけない展示がございます
※13歳未満の方は展覧会・公演共に入場料無料です(VRコンテンツはご覧いただけません)。未就学児のご入場はご遠慮ください

主催  NPO法人ダンスアーカイヴ構想
共催  Canta Co.Ltd
協力  大野一雄舞踏研究所、株式会社 K'S DESIGN LAB、株式会社間チルダ、株式会社レイ、FIG LAB 、横浜光ボクシングジム
協賛  BNPパリバ・グループ


【展示】 ダンスアーカイヴの未来

時間 平日 13:00〜21:00 / 土日 11:00〜21:00 ※12月15日(金) は 15:00 からオープン
※VRコンテンツの対象年齢は13歳以上となります

動きをアーカイヴする方法を開発する
■大野慶人 Digital 3D in Motion

大野慶人の3Dスキャン人体計測と身体運動のモーションキャプチャーを応用する「動きのアーカイヴ」。ヘッドマウントディスプレーで見るVR (ヴァーチャル・リアリティー) の形式で公開します。「戦火におびえるアフリカの子ども達に、祈りのダンスを届けたい」(大野慶人)。
VRコンテンツ制作 : 比嘉了(backspacetokyo)コンテンツ制作には、一部を(地独)東京都立産業技術研究センターと㈱ケイズデザインラボが技術開発(特許出願中)


写真の新しい見方を実験する ■ウィリアム・クライン TOKYO 1961 アーカイヴ ムーヴィー&VR

伝説の写真家ウィリアム・クラインが、1961年銀座と新橋の路上で撮影した、土方巽、大野一雄、大野慶人のパフォーマンス画像約600点をムーヴィーとVRで世界初公開。
ムーヴィー制作 : 齋藤正和。
VRコンテンツ制作 : 右左見拓人(backspacetokyo)。


■ダンスアーカイヴから写真、美術、映像を観る

渡辺晃一、諏訪敦、ティム・ウォーカーの作品の他、大野慶人の1969年のソロ公演の舞台美術等を展示します。


【ライブ・パフォーマンス】継承し、創造する


「舞踏は一生を貫くものだ」
■大野慶人ソロ 花と鳥 抄 <入場無料>

土方巽が1985年に大野慶人のために振り付けた三つの踊りの一端を披露し、続いて細江英公監督による映画「へそと原爆」(1960) を上映する。再び、大野一雄「ラ・アルヘンチーナ頌」冒頭の「ディヴィーヌ抄」による「死と誕生」、さらに大野慶人自身の振付による「ウサギのダンス」を踊る。

12月15日(金)19:30 ※終演後オープニングパーティあり (飲食は有料です)
12月16日(土)18:00

*両日とも、ご予約不要です。入場者が定員を超える場合、入場を制限する場合があります。


■Crab Dancers’ Parade Work in Progress 川口隆夫とジョアンナ・コンスタンティン&ゲスト

ウィリアム・クライン初公開画像約600点から「無形の型」を読み取り、デジタル情報を生身の身体に引き写す、彫刻的作品制作を試みます。音楽ジョアンナ・コンスタンティン。

12月16日(土)13:00  横浜光ボクシングジム現役ボクサー+岡登志子(16日のみ入場無料 ご予約は不要です)
12月17日(日)13:00  横浜光ボクシングジム現役ボクサー+松岡大 (山海塾)+岡登志子
12月18日(月)19:30  ソケリッサ!+砂山典子
12月19日(火)19:30  白井剛+松岡大 (山海塾)+上杉満代
12月20日(水)19:30  白井剛+松岡大 (山海塾) +上杉満代


大野一雄、慶人を敬愛して止まないアノーニとのコラボレーション ■アノーニと大野慶人 「たしかな心と眼」

2010年「Antony and the Ohnos」から7年。遂に再会を果たす二人。 「大野一雄との出会いによって、自分自身の中に聖なる幼児を発見し、その子を育て、抱きしめ、守ることが自らの願いになった」(アノーニ)

12月21日(木)19:30
12月22日(金)19:30
※両日とも完売いたしました


■William Klein(ウィリアム・クライン)
1928年ニューヨーク生まれ。ソルボンヌ大学で文学を修め、フェルナン・レジェに油絵を学ぶ。1953年より写真を始める。1961年来日し東京を撮影。1964年に写真集「TOKYO」を発表した。ヴィンテージプリントの写真展示から、巨大出力、ペインティングと写真のコラボレーションなど常に斬新な手法で写真表現を提示してきた。

■大野慶人(おおのよしと)
1938年東京に生まれる。1959年土方巽の「禁色」で少年役を演ずる。60年代の暗黒舞踏派公演に参画。69年初リサイタル後に舞台活動を中断、85年「死海」で大野一雄と共演、カムバックした。86年以降大野一雄の全作品を演出。他に、ヴッパタール舞踊団ダンサーとの共演「たしかな朝」(2010)、音楽家アントニーとの「Antony and the Ohnos」(2010)など伝説的コラボレーション作品がある。ソロ作品「花と鳥」(2013)はヨーロッパ(2014)、ブラジル(2015)、中国(2016)を巡演。著書に『大野一雄 魂の糧』(フィルムアート社)、『舞踏という生き方』(かんた)。また、本年、四方田犬彦著『大野慶人の肖像』が刊行された。

■Anohni(アノーニ)
イングランド出身でニューヨークを拠点に活動。Antony & the Johnsonsで05年にリリースした『アイ・アム・ア・バード・ナウ』で英国最高峰の音楽賞マーキュリー・プライズを受賞。各国のオーケストラ、またルー・リード、チャールズ・アトラス、マリーナ・アヴゥラモヴィッチ、ビョーク等と共演する。2016年、ドイツのビーレフェルト美術館で展覧会開催、世界の珊瑚礁保護を呼びかける「Manta Ray」でオスカー賞にノミネートされた。最新アルバム『ホープレスネス』では、ハドソン・モホークとOPNと共演、ダンス音楽で環境破壊やドローン戦の害を訴えている。大野ファミリーから多大な芸術的恩恵を受けており、大野慶人の舞台で歌えることを光栄に思う。

■川口隆夫 (かわぐちたかお)
1996年よりDumb Typeに参加。2000年よりソロ活動を開始する。「ダンスでも演劇でもない、パフォーマンスとしか言いようのない」(石井達朗) 作品を発表し続けている。主な作品に、「ディケノヴェス – 見えないと言え」(2003) 「D.D.D. 私の心臓はあと何回鼓動して止まるのか ?」(2004 – 07)。また、土方巽の著作に基づく、「病める舞姫をテキストに – 2 つのソロダンス」(2012) を発表、東北ツアーを行った。2013年に初演した「大野一雄について」は世界各地で高い評価を受け、ベッシー賞ファイナリストにもノミネートされた。

■Johanna Constantine(ジョアンナ・コンスタンティン)
ニューヨークを拠点に、パフォーマンスアーティスト、振付家、DJ、フェミニズムアクティビストとして活動する。アノーニをはじめ、ウィリアム・バシンスキー(音楽)、マヌエル・アルバラン(デザイン)、テレンス・セラーズ (作家)等様々のジャンルのアーティストとコラボレーションする。また、チャールズ・アトラスの映像作品に参加、2013年にはテートモダンでライブ・パフォーマンスを行った。

<予約・問合せ>

■e+ イープラス
・パソコン/携帯から<http://eplus.jp>にアクセス、「 Dance Archive Project in Tokyo」で検索!
11/23(木祝)10:00販売開始します。
購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
◯アノーニ×大野慶人「たしかな心と眼」
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002244767P0030001
◯川口隆夫×ジョアンナ・コンスタンティン&ゲスト
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002244769P0030001
◯【展示】ダンスアーカイヴの未来
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002244774P0030001

・直接購入:ファミリーマートにて
■ダンスアーカイヴ構想 予約受付
氏名、連絡先、観覧日時を下記までご連絡ください。
TEL:03-3450-6507  E-MAIL:info@dance-archive.net

会場アクセス
寺田倉庫G1ビル(寺田倉庫本社ビル内)
東京都品川区東品川2-6-10
・東京モノレール「天王洲アイル駅」南口・中央口からいずれも徒歩約5分
・東京臨海高速鉄道りんかい線「天王洲アイル駅」出口Bから徒歩約4分
(周辺地図 No.6の建物です→) https://www.terrada.co.jp/ja/company/tennoz/


ページトップ